‘主婦・学生向けで選ぶ’ ならおすすめ!キャッシング&カードローン

記事イメージ

家計を預かる主婦にとっては、何かと出費が重なり、キャッシングを利用したいと思うときもあると思いますが、主婦がキャッシングを利用する場合のポイントについてみていきたいと思います。

まず、主婦と言っても、以下の2つに分けられます。

  • 夫の扶養家族の条件を満たしながらも、パートなどで働き一定の安定的な収入のある方
  • 子育てや家事に専念する、いわゆる専業主婦(つまり自分自身の収入がない方)

どちらが審査で条件がいいかと言えば、言うまでもなく一定の安定的な収入のある方です。

多くのキャッシング業者が「安定した収入がある場合」をキャッシングの条件の一つとして示していますから、主婦に限らず、学生などもアルバイト等で一定の安定的な収入があった方が間違いなく審査上有利です。

それでは、自分自身の収入がない専業主婦はどうなのでしょうか?

ご存知かもしれませんが、専業主婦については、貸金業法改正後、多重債務に陥ることを防ぐ目的で総量規制が導入されて、キャッシングを利用しにくくなりました。
(総量規制についてわからなければ、こちらもご覧下さい。

現在では総量規制により、専業主婦がキャッシングを使用しようとすると、配偶者の年収がベースになって、配偶者の了解(同意書)と収入証明書が必要になってしまいます。

それまでは配偶者に内緒で生活費などの不足をキャッシングで補っていたのが、内緒ではそれができなくなったわけです。

基本的には夫婦間のコミュニケーションという点からも夫婦の合意に基づいてキャッシングを利用することは良いことだと思いますが、とは言ってもやはり配偶者に秘密で何とかお金のやりくりをしたいというケースはなくはないと思います。

そんな時にどうすればいいか・・・

実は上記の総量規制の対象となるのは、いわゆる消費者金融からのキャッシングが対象なのです。

裏を返せば、消費者金融ではなく銀行からのキャッシングについては、総量規制の対象外ということになります。

銀行のカードローンを利用すれば、専業主婦でも配偶者に秘密でキャッシングが可能になるのです。

当然審査があって、専業主婦の限度額はかなりおさえられていますが(限度額30万円までというところが多い)、小口の融資を受けることは十分に可能です。

当サイトでは総量規制対象外の銀行のカードローンをいくつも掲載していますが、その中で専業主婦向けのおすすめのカードローンをご紹介したいと思います。

イオン銀行カードローン