‘即日融資で選ぶ’ ならおすすめ!キャッシング&カードローン

記事イメージ

近年では即日キャッシング可能な業者が増えていますが、使いやすさという面では消費者金融になるかと思います。

金利は銀行カードローンが低い傾向にありますが、消費者金融は使い勝手が良いところが多く、審査スピードという面では消費者金融は独自の与信ノウハウを蓄積しており、よく比較調査しないでスピード優先でなんとかしたいなら、いきなり消費者金融に申し込んでいいと思います。
(もちろん時間的に余裕があるなら、金利条件のいいところから申し込んでもいいのですが、今日の今日で何とかしたい場合には多分そんな余裕はないでしょう。)

消費者金融以外では、オリックスVIPローンカードが金利が低く、即日融資に対応しているのでおすすめです。
ただし、借入期間が短い場合には、無利息期間のあるノーローンやレイクなどが金利面で有利になる可能性があります。

総合力では、やはり人気のあるプロミスがおすすめになります。
いろいろと検討する時間や余裕があまりない時は、プロミスで絞ってもいいかもしれません。

申し込み時間などの条件をチェック

さて、即日キャッシング可能な業者を選定したとしても、即日融資してもらうためには、それぞれの業者ごとに条件があります。

条件とは時間制限や申込方法などです。

時間制限は業者によっていろいろですが、14時をある程度の目安にしておいていいと思います。

ということで、今日中に何とかお金を借りたいと思い立ったら、午前中にはどこのキャッシングを利用するかを決定して、必要書類を準備した上で、午後からすぐに手続きに進むというのが、現実的な流れになると思います。

審査時間が最短30分というところが多くなっているので、もう少し遅い手続きでもいいんじゃないかという方もいるかもしれませんが、あくまで最短ですから、当日の申込件数が多い場合など審査回答に時間がかかる可能性も考慮して、ある程度の余裕を見て、午後からすぐに手続きに進むのがいいと思います。

以下の表で即日キャッシング(即日融資)可能な業者を簡単にまとめていますので、比較検討の材料にして下さい。

即日キャッシング(即日融資)比較表

金利 審査時間 即日キャッシングの期限&条件
アコム 4.7%~18.0% 最短30分 14時までに必要書類提出(店頭窓口、むじんくん、Fax送信)
プロミス 4.5%~17.8% 最短30分 平日14時までにWEB契約完了で当日振込
レイク 4.5%~18.0% 平日14時までに、申込みと必要書類の確認の完了が必要
ノーローン 4.9%~18.0% 最短20分 楽天銀行口座があるなら平日17:00まで、楽天銀行口座がないなら平日12:30までに審査結果を伝えられた場合
モビット 4.8%~18.0% 最短30分
(※)→
14:50までの振込手続完了が必要
審査結果によっては希望に沿えないこともあります
審査時間は最短で30分ですが、申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
バンクイック 4.6%~14.6% 最短40分で審査・カード発行 テレビ窓口で申込(平日15時以降、土日祝日もOK)
オリックスVIPローンカード 3.5%~14.8% 最短30分 即契(WEB契約)を選択し、平日14:30までに契約内容の同意手続をした場合

※当然ですが、即日融資については、審査結果によっては希望に沿えないこともありますのでご了承ください。

以下にそれぞれのキャッシングサービスの概要をご紹介しますので、参考にして下さい。

プロミス