‘金利で選ぶ’ ならおすすめ!キャッシング&カードローン

記事イメージ

キャッシングを比較検討する時は、必ず金利(実質年率)をチェックしますよね。

誰でも安く借りたいですからね。

ということで、いろいろなキャッシングやカードローンの金利をチェックすると思いますが、見るとかなりの幅で表示されているのがわかると思います。
例えば、4.5%~18.0%というような感じです。

まず最初に認識しておいてほしいのは、このような提示されている金利の幅だけを見ても、どの業者の金利が低いかどうかは判断できないということです。

なぜなら、そこには元本(借入額)の情報が抜け落ちているからです。

金利は、借り手の信用力と借入額によって変わりますが、借り手の信用力が高ければ高いほど、多く借りることができますし、金利は低くなります。
これが大原則です。

つまり、元本(借入額)の情報がなければ、金利が低いかどうかの判断はできないのです。

自分自身がいくら借りたいのか(つまり元本の額)ということとセットで考えるようにしなければなりません。

多くの人が一番利用する機会の多い小口のキャッシング(例えば10万円程度)ですが、この場合どの金利が適用されるかというと、提示されている金利の幅の上限に近い金利になると予想できます。
つまり上記の例だと18.0%ということです。

したがって、小口のキャッシングを利用したい場合、業者間比較をする時には、金利の幅の上限を見て比較して下さい。
(間違っても、下限の金利で比較しないように。)

それから、低金利という点でいえば、基本的に消費者金融ではなく銀行系に軍配が上がります。

ということで、ここでは以下で銀行系のカードローンをご紹介していますが、小口で短期間のキャッシングの場合には、金利水準をあまり気にする必要はないかもしれません。

というのも、10万円を1ヶ月借りたとして、その支払金利の差は業者間で最大300円程度なので、金利以外の融資のスピードや使い勝手の良さなどの他の条件を考慮してもいいと考えるからです。

単純に金利だけを比較するのではなくて、他の要素も比較検討して選択されることをおすすめします。

プロミス