‘総量規制対象外で選ぶ’ ならおすすめ!キャッシング&カードローン

記事イメージ

貸金業法改正によって、多重債務者を減らす目的で、総量規制が導入されました。
総量規制とは簡単に言えば、年収の3分の1までしか借りることができないという規制です。

この規制を受けるのが、消費者金融・信販会社・クレジット会社などですが、銀行(都市銀行、地方銀行、ネット専用銀行)のカードローンは総量規制の対象外となります。

もともと年収の3分の1を超えるような借り入れはすべきではありませんが、銀行系なら借りられる可能性はありますし、収入のない専業主婦でも配偶者の同意なしに(つまり内緒で)借り入れができる可能性があります。

ただし、あくまで可能性であって、既に年収の3分の1を超える借り入れがある人に、銀行が簡単に追加で融資するかと言えば、正直かなり厳しい審査になると思います。

年収が高く、例えばおまとめローンにするなどして、借り換えで自社カードローンに一本化するとかの場合には、融資の可能性は高くなるかもしれません。

以下では総量規制対象外の銀行系カードローンをご紹介します。

新生銀行カードローン レイク